2009年08月20日

お盆最後

「お葬式を終えてからの、「故人との最後の別れ」を終えて、棺の蓋を載せて閉じる....
「お葬式を終えてからの、「故人との最後の別れ」を終えて、棺の蓋を載せて閉じる時に、「?」と思った事があった」為、質問したいと思います。実は「2年半程前のお盆(8月14日)の朝に、69歳で急死した親父(父親)のお葬式の時、「お葬式を終えてから、棺の中の故人との最後の別れも終えた時、お葬式を住んでいる市に依頼した「市営葬儀(市役所)の委託のお葬式屋さん」の係員さんが、棺の蓋を載せて閉め様とした時、蓋の裏側に「お経を書いた、ステッカーサイズのお札」が、貼っていたのを喪主として見た」時の事です。当時、私は「そんなに、気にする事なんか無いか…?」と思いました。因みに、親父は「自身入れて、5人兄弟(長男・次男・三男・長女・四男)の内、四男つまり末っ子」です。所が、2年前の1月下旬に急死した、80歳の伯父さん(親父から見れば、長男で一番上の兄さん)のお葬式の「最後の別れ」の時にはそう言う場面は見なかったけれど、約半年程前の10月に急死した、75歳の伯父さん(親父から見れば、三男つまり三番目の兄さん)のお葬式の「最後の別れ」の時は、「手紙方式で、書いたお経(※)」を入れる所を見ました。(続きを読む)



宮川香山 美しく気品溢れる眞葛焼:「目指せ!眞葛博士」 眞葛香山 ...
「幻のやきもの」といわれる眞葛焼。 世界の博覧会等で受賞を重ね、欧米を魅了しました。宮川香山が明治4年に横浜に創業した眞葛焼に魅せられて、研究する日々。目指せ眞葛博士!! 宮川香山 お盆最後の日|- ブログトップ ...(続きを読む)


posted by ゴルフニュース at 05:35| ゴルフニュース